★こんな休日の過ごし方が、あなたを東大生にする!(無料ワーク)
トップページ > コツ > えいぶんどっかい・英文読解

えいぶんどっかい・英文読解

ある程度まとまった長さの英文を読み、書かれている内容を理解すること。一文一文丁寧に解釈していく精読と、だいたいの流れをつかんでいく速読がある。車の両輪なので、この2つの読み方を交互に繰り返して行うとよい。
英語の入試問題を見てみると、選択肢の中から選んで空欄を埋めるというような文法問題などのほかに、1つの問題で大量の英文を読まなければならない長文問題というものがあることに気付く。この長文を試験時間内に素早く読むには、速読をする力が大切だ。しかしながら、速読をするためには、1つ1つの英文を正確に理解していなければならない。つまり、精読をする力が必要なのだ。精読の練習を積み、1つ1つの英文を理解するスピードが増すことによってようやくそれが速読につながる。

英語の長文をとばしとばし読むとか、設問に先に目を通しておくとかいった小手先のテクニックを、精読の力もつけないまま使用したところでその場しのぎにしなからない。結局は英文の内容を理解することができず、解答できない。できないので、速読の練習が足りないと思い込み、ますます精読を疎かにしてしまう。本当に英文の読解力をつけたいのならば、1つ1つの英文の構造を完全に理解して読む精読をしよう。わからない単語や文法事項ばかりでなかなか精読の勉強が進まないという場合には、先に基礎的な単語や文法の学習をすませておきたい。